アダム・スミス「道徳感情論」と「国富論」

おすすめの本
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

スミスを理解するには「国富論」「道徳感情論」をセットで読むべし

今回は堂目卓生さんの著書「アダム・スミス『道徳感情論』と『国富論』」をご紹介します。

堂目卓生さんは、慶應義塾大学経済学部卒業後、京都大学大学院経済学研究科の博士課程を修了された経済学者です。現在は、大阪大学大学院経済学研究科教授をされています。

さて、私がこの本を手に取ったきっかけは、たまに見ているNewsPicksに出演している経済学者のこの一言です。「アダム・スミスの本質は『国富論』ではなく『道徳感情論』にある。

「国富論」にある有名なことば「見えざる手」によってイメージされる、人間の利己心に従えば経済は勝手に回っていくというように、アダム・スミスは放任主義のようにとらえられていますが、実は違っていて、「道徳感情論」とセットで読まないとスミスの言いたいことは理解できない。というのです。

そして、「道徳感情論」をタイトルとする書籍を探しましたが、どうも読みやすそうな本がない。そこで見つけたのがこの本です。この本では「国富論」と「道徳感情論」がセットで、しかもわかりやすく解説されているとあって、すぐに手に取って読みました。

「道徳感情論」では一貫して「公平な観察者」の存在を求める

スミスは「道徳感情論」のなかで、私たちが自分の感情や行動の適切性を測る基準として求めるのは、利害関心のない、「公平な観察者」の是認であるとしている。

私たちは、より大きな富や、より高い地位を目指して活動するとき、同様の野心をもつ他人と競争しなければならなりません。このことをスミスは否定していません。

しかしながら、スミスは、「徳への道」を同時にすすむ「財産への道」の追求だけである。「公平な観察者」すなわち正義感によって制御された野心は容認される。としています。

スミスの考えをまとめるとこうなります。

  • フェア・プレイのルールを守ること。
  • 胸中の「公平な観察者」が認めない競争を避けること。
  • 「財産への道」は「徳への道」と同時に進むこと。

そしてスミスは、正義感によって制御された野心、および、そのもとで行われる競争だけが社会の秩序と繁栄をもたらすと考えていた。と堂目先生は考察されています。

「国富論」で説く「見えざる手」はこういうことだったのか!

アダム・スミスと言えば「国富論」です。その中でも「見えざる手」の存在については良く知られています。そんな国富論ですが、どんなことが書かれているのか。

まず、富とはなにか?
国富論では必需品と便益品と奢侈品という3つにカテゴリー分けをしています。

次に、国民の豊かさとは何か?
消費人口で割った必需品と便益品の総量によってあらわすことができるとしています。

最後に国民の豊かさは何に依存するか?生産的労働と不生産的労働とに分けて考えています。
生産的労働とは、農場や工場で働く、必需品と便益品の生産に直接従事する労働である。
不生産的労働とは、役人や政治家や兵士など、必需品と便益品の生産に直接従事しない労働である。

スミスは国富論で以下のような一般原理を説いています。

国民の豊かさを増進するためには、労働生産性を上昇させ、生産的労働の割合を高めなければならない。これが国民の豊かさに関する最も基本的な一般原理である。

物質的豊かさを増進する、すなわち繁栄の一般原理は、分業と資本蓄財である。

経済発展の順序は、まず農業が拡大し、次に製造業が拡大し、その後外国貿易が拡大する。これは資本家が意図してその順序で資本を蓄積していくのではなく、自分の中にある倹約性向と財産形成の野心に基づいて資本を蓄積していくにすぎない。

このように、資本家は、それを意図することなく、経済成長の真の目的を達成する。この成長の所得調整メカニズムを「見えざる手」と呼んでいる。ということだそうだ。

スミスの思想の根底にあるものは「禅」にも通ずる

スミスの思想の根底には、人間にとって最も重要なのは心の平静を保つことであるという信念がある。と堂目先生は言います。

スミスは人間の真の幸福は「心の平静」であり、人間が真の幸福を得るためには、それほど多くのものを必要としない。と考えていたようです。

多くの人が陥る不幸は、真の幸福を実現するための手段が身近にあることに気づかず、遠くにある富や地位や名誉に心を奪われてしまうことにある。他人との比較によって生まれる嫉妬心でしょう。

以下、堂目先生の締めくくりの文章をそのまま引用します。

富や地位や名誉は求められてもよい。そして、個人が富や地位を求めることによって社会は繁栄する。しかし、富や地位は、身近にある幸福の手段を犠牲にしてまで追求される価値はない。私たちは、社会的成功の大志を抱きつつも、自分の心の平静にとって本当は何があれば足りるのかを心の奥底で知っていなければならない。

諸個人の間に配分される幸運と不運は、人間の力の及び事柄ではない。そうであるならば、私たちは、幸運の中で傲慢になることなく、また不運の中で絶望することなく、自分を平静な状態に引き戻してくれる強さが自分の中にあることを信じて生きて行かなければならない。

アダム・スミスの思想は、ある意味「禅」に通ずるところがあります。

「知足」… 足るを知る。

「自灯明、法灯明」… 「公平な観察者」のもとで自分の道を目指す。

コメント