仏教

おすすめの本

ぶれない心をつくる「般若心経」の悟り

今回は、島田裕巳さんの著書「ぶれない心をつくる『般若心経』の悟り」をご紹介します。「般若心経」は、262文字のとても短いお経です。なぜ日本人がこれまでに「般若心経」に惹かれるのか。そして私たちが「般若心経」と、いかにいかにに向き合っていくのかのヒントが得られます。
2020.09.06
おすすめの本

【ブッダ最後のことば】正しい教えは滅びない

今回は、佐々木閑さんの著書「ブッダ最後のことば」をご紹介します。読み進めると、一人の人間としてのブッダの人となり、そしてブッダの教えについて、ブッダの最後の旅としてストーリー仕立てに展開されていて非常に面白い読み物になっています。また、釈迦の涅槃経と大乗の涅槃経の違いについて、シンプルにわかりやすく解説してくれています。そして今回この本に巡り合えたことで自分なりに仏教の捉え方をまとめるいい機会にもなりました。
2020.08.13
おすすめの本

世界5大宗教入門 世界94ヵ国で学んだ元外交官が教える

回は、山中俊之さんの著書「世界5大宗教入門」をご紹介します。ビジネスで使える宗教というだけあって私みたいな一般人サラリーマンにもわかりやすく興味が持てるように書いていただいています。世界で活躍するビジネスエリートがここだけは押さえておきたい教養の土台としての5大宗教について本書で学びました。