道元

おすすめの本

一言一言に救いがある 道元禅師の言葉

今回は、公方俊良さんの著書「道元禅師の言葉」をご紹介します。この本は、日本における曹洞宗の開祖である道元禅師の教えが記されている「正法眼蔵随聞記」から人生の指針となる言葉をとりだし公方俊良さんが解説されたものです。道元禅師の不動の教えには、混迷が深まる現代にあって、確たる生き方を貫くための指針があります。
ビジネス

いまの一当は、むかしの百不当の力なり、百不当の一老なり

曹洞宗の開祖「道元」の主著「正法眼蔵」のなかにある言葉です。人が弓で的を射ることにたとえてこのように言っています。私たちは、ついつい結果をすぐに求めようとしてしまいます。営業職をしていると今年の売り上げ、今月の売り上げ、今週の売り上げ、今日の売り上げを常に求めて、その成果によって結果を判断しています。これは事業を行う上では当然のことであります。