【大地黄金】ステイホームの大型連休 想像力を働かせて過ごす

ビジネス
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今日から大型連休が始まりました。
外出自粛要請のなか皆さんはどのように過ごしますか?

こんな禅語があります。

大地黄金 だいちおうごん

私の一番のメンターでもある道元禅師が伝えた「正法眼蔵」に記された禅語です。

「どんなところに居ても、どんな状況におかれていても、精一杯できることを尽くせば、その場所は黄金に輝いてくる。」という意味です。

今まで時間がないからと言って先延ばしにしていたことはありませんか?
英語を勉強しよう、本を読もう、投資の勉強をしよう、ダイエットしよう、筋トレしよう、今まで見れなかった好きな映画を見よう。

どんなことでもいいと思いますが、これからの人生を豊かにしたいと思うのなら、少なくとも自分が成長できる何かすべきです。

今回の大型連休はほとんどのサラリーマンが家にいることになると思います。時間はたっぷりあります。この時間を使って本当にやりたかったことをやりましょう。

ですが、人間はできない理由を考えるのが超得意な生き物です。今まで時間がないからと言って先延ばしにしてきたことを、また別のできない言い訳を作り出して先延ばしする。やらない人はどんな状況に置かれたとしても、やらない言い訳を想像力を働かせて結局はやらないのです。もうそのループからいい加減に抜け出しませんか?

想像力は言い訳を考える時に使うのではなく、今この状況に置かれたときにどうすれば出来るのか?ということを考える時に使うのです。

自分がどんな状況に置かれていたとしても、その状況の中でどうやったらでやりたいことができるかを想像力を目いっぱい働かせて出来る方法を考える、そして今すぐにやってみる。これを毎日続けていけば、1年後には今と全く違う自分になっているでしょう。

「大地黄金」の意味を検索すると、以下のようにコメントされることが多いようです。

「今不遇な状況だとしても、その状況を憂うのではなく、今の状況を素直に受け入れてそれを精一杯やる。そうすればその場所が黄金に輝く。」

もちろん心の平穏を保つ方法としては上記のように考えることは有効だと思いますが、このように解釈してしまうと、自分の可能性に蓋をしてしまうことにもなってしまいます。

今が不遇な状況で自分が納得いかないのであれば、その場所に居続ける必要はありません。例えば今あなたがサラリーマンであれば、会社でやるべきことはサッサと終わらせて、あなたが本当にやりたいことを少しでも前に進める何かを今始めるべきです。

だから、「大地黄金」この言葉の意味を私はこのように解釈しています。

「今不遇な状況だとしても、その状況を憂うのではなく、今の状況を素直に受け入れてそれを精一杯やる、そしてやるべきことをサッサと終わらせて、自分が本当にやりたいことを、今置かれている状況の中で想像力をフル活用して、出来ることから今やり始める。そうすればその場所が同じだとしても心の置き場所が変化して、黄金に輝く。そしてその先には本当の黄金の大地が見えてくる。

このゴールデンウィーク。時間はたっぷりあります。
まずは自分が本当は何をしたいか、今何ができるか?を想像力を働かせて考えてみてください。そして少しでも今できることから着手してください。そうすれば連休が終わるころには自分の心の置き場所が少し高くなっているはずです。そして連休明けに出社したときには会社に依存していた自分が少し解放されていることに気づくでしょう。

もう一度言います。決してできない理由をつくるために想像力を使ってはいけません!

この大型連休をサラリーマンは禅マインドで過ごそう!

コメント