【行雲流水】サラリーマンが自由のために今からできること

ビジネス
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

大型連休初日、外出自粛要請の中で家で過ごされている方が多いと思いますが、みなさんどのように過ごしていますでしょうか?

サラリーマンの皆さんは、ゆっくり羽を伸ばして…とはいかないまでも、初日の大型連休をまずはゆっくりとご自宅で過ごされていることと思います。

行雲流水 こううんりゅうすい

今日はこの禅語をテーマにとりあげたいと思います。こんな意味だそうです。

「空行く雲や流れる水のように、深く物事に執着しないで自然の成り行きに任せて行動すること。」

出所:goo辞書

今年の大型連休は、新型コロナウイルス感染症の蔓延を抑えるために外出自粛を余儀なくされています。感染を防止するためには三密を避けて人々の往来を制限せざるを得ません。世界中の人々がこのことを意識して行動を自粛しないとコロナとの闘いを終えることが出来ません。

しかし、外出自粛の中で、「しかたがない今年は何もできないからとりあえず成り行きに任せて家でじっとしていよう…」と心まで自粛モードになっていたりしませんでしょうか?

外出自粛はあくまでも人体の物質だけの行動自粛であって、心まで自粛する必要は全くありません。むしろ心の制限を撤廃し自由な発想で行動することはできるのです。

家でできること言えば、音楽、体操、筋トレ、脳トレ、料理、読書、映画鑑賞、音楽鑑賞、絵画、書道、等々、考えればいくらでもあります。

そして、インターネットのオンライン環境があれば自由な発想によって心の制限が撤廃されて無限の可能性が広がります。

オンライン英会話、オンライン帰省、オンライン結婚式なんかも出来るそうです。そしてZoom飲み会はもう定番になってきています。まさにWeb上にはほとんどすべての情報があり、Google検索で瞬時にほしい情報が手に入ります。YouTubeには良質な情報が動画として無料で公開されています。自分でドメイン(ホームページアドレス)を取得して自分でホームページを立ち上げることも可能なのです。

「行雲流水」という禅語は、意味のとらえ方次第では、成り行きに任せて流されることを良しとしてしまいそうですが、そうではなくこう考えるべきではないでしょうか。

「空行く雲や流れる水のように、変えられない事実に対しては深く物事に執着しないで自然の成り行きに任せて行動する。ただし、自分がコントロールできる心を使っては自分の思いのままに自由に創造し、今の環境においても出来ることを自分の心に任せて行動する。

私は今の環境におかれていても、心に任せて好きな禅語をオンラインで皆さんに発信し続けています。

禅マインドで自由な人生を創造しよう!

コメント