【日日是好日】コロナ共存にも良き一日であるようにと思え

禅マインド
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

サラ禅の道潤です。

コロナの影響もありこの土日はほとんど外出せず、
妻と一緒にスーパーへ食料品の買い物に出るぐらいの土日でした。
家では愛犬とじゃれあいながらやり過ごす週末が続いています。
そんな状況でも草花は春の訪れを告げています。

日日是好日 にちにちこれこうにち

この言葉は中国は宋の時代の雲門禅師の言葉だそうです。
この言葉一見すると日々良き日で楽しいなぁ。
といった超楽観的な言葉のような感じがしますが調べてみるとそうではないようです。

こんな意味のようです。

日々暮らしていると良いととらえる日も悪いととらえてしまう日もあります。例えば天気が良い悪い、得した損した、いい思いをした嫌な思いをしたとか、
このように優劣、損得、是非をもとにした判断で良い日悪い日を決めてしまっていると必ず悪い日は来るのでその悪い日に怯えながら過ごさないといけません。

そうではなく、その日をありのままに生きる、今のコロナ感染症の影響があったとしてもありのままに生きればすべてが好日になる。

好日の「好」は良い日ということではなく、厳しい状況のなかでも心を保って
積極的に生きる。ということだそうです。

テレビやネットの情報を見ているとコロナが影響が拡大している
という情報がたくさん入ってきます。
特に外食や旅行、イベント業界は本当に大きく影響を受けていると思います。

今は、私たちはありのままにコロナが蔓延しないように過ごすことが重要です。
難しいことではなく、すごくシンプルなことで皆が簡単にできることです。

※手洗いうがい、外出時はマスクする。
※今は人の集まるところにできるだけ行かない。

この二つのことをシンプルに皆が実践できればコロナなんてすぐに終息するでしょう。

明日からWeekdayが始まります。
さあ、明日も好日。

ありのままに生きようと思います。

コメント