【而今】明日は無いと思ったら今日何をする?

学びと遊び
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

今日は4月30日。大型連休二日目が過ぎました。

この休みの間にやろうと思ったことにまだ着手できていません。

書道アートの作品作り、英会話の予習、朝一のランニング、お風呂掃除、庭掃除、休暇の間に読もうと思っていた本もベッドの脇に積んであります。

実家へも帰らず、今年は家に巣ごもり生活なので、家出できることはサクサク出来るだろうと思っていましたができないものです。連休はたっぷり時間があるので大丈夫?

而今 にこん

この禅語のことをメンターでもある枡野俊明さんがこのように語っておられます。

「今という瞬間」は二度と戻ってはこない。「過去」や「未来」をあれこれ思い悩むのではなく、今を一生懸命生きる。命の真実は『今』にしかないことを説いた言葉です。私たちは『今』この瞬間にしか生きることはできません。昨日の自分はすでに死んでいるのと同じ。明日生きているという保証もないのです。であるからこそ、『今』という時期を大切に生きることが大事なのです」

連休はまだ6日あるから大丈夫だ、と思って「今」をスルーする毎日を送ってしまっている。まさに「今を生きる」ことから逃げていることに他なりません。

明日は朝から休日ルーティンをやって充実した日にしよう!

午前中にやること…
お風呂掃除、英会話の予習、犬の散歩、ランニング5㎞、庭掃除

午後にやること…
犬の散歩、Webページの整理、ブログ投稿
そして、毎日これから新しく取り組む何かを考えることを行います。
毎日のルーティンを行いつつ、少しでもいいから新しい何かをとりいれていきたい。

そうすれば自分なりに少しづつでも進化している自分を感じられるんじゃないかな?

禅をテーマにした本もたくさんありますよ。サラ禅おすすめの本でも紹介しています。

さあ、今からは読みかけの本を読もう!

コメント