【人人悉道器】サラリーマン、さあどうする?自分に何ができる?

ビジネス
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

勤務先の会社が新型コロナウイルスの影響により在宅勤務を行うと発表しました。

会社の近くでもコロナの感染者が発生しているということで三つの密をできるだけ行わないように、うちの部門でも時差出勤と在宅勤務者を輪番制で来週から行うことになりました。

さあ今の事態に私はどうするか?自分自身に何ができるか?
一人の力では何も変わらない?とりあえず周りに合わせて流されてみるか?

  人人悉道器 にんにんことごとくどうきなり

こんな禅語がありました。
「この世に生まれた人は誰でも道を極める可能性(器)を兼ね備えている。
 努力することによって、もともと備わっている可能性が開く。」
という意味だそうです。

今回の事態に対してどう対応するか?何をするか?
今まで通り流されて生きていくこともできると思います。
行動制限、三密制限、在宅勤務、巣ごもり。
「こんな状況だから仕方ない、やりたいこともできない」
となると、人々の心はマイナスになり、消費もマイナスになり、
経済も国もマイナスになってしまいます。

特に接客が主体のされているサービス業の方は特に大変な状況だと思います。
人の動きが制限されている中で何ができるか?を考え抜いて乗り越えてほしいと思います。

こんな状況だからこそ、自分にはできる!と自分の可能性を信じてさらに前進する。
今の状況からできることを考え抜いて一歩を進むことが大事なんじゃないでしょうか?

心が萎縮してしまうと経済が停滞してしまいます。
まずひとりひとりが心を強く持つ。絶対事態は改善するんだ!と。
経済を維持しながら、新型コロナとの長期戦に挑まなければなりません。

ですが、むやみに動いてしまうと感染者が際限なく増えていってしまう。
だから、自分たちでできる感染予防はしっかりとやる。必ずやる。
手洗いうがい、マスク、アルコール消毒、手で口、鼻、目を触らない。
そのうえで過度な行動制限はせずに普通に生活すべきと思います。

マスクが手に入りにくい方も多いと思いますが、
ネットではハンカチでマスクを簡単に作る方法を紹介しているブログがたくさんあります。

ホリエモンが今の状況を毎日ツイートしていますが、
ある意味、的を射た発言をしていると思います。

人人悉道器 (にんにんことごとくどうきなり)
道を究める可能性を持っている。必ず道を究められる。
新型コロナの影響があるからといって、可能性に向かう歩みを止めることなく
少しづつでも前に進んでいきたいと思います。

コメント