【前後際断】過去を悔まず未来を案じず「今を生きる」

ビジネス
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

兎角、私たちは日々悩み後悔し不安に思いながら生きています。

今、私が抱えている課題は今までやったことのないWebセミナーを一から準備して集客して開催するということです。

貸会議室を借りて行うセミナーは今まで何度も行ってきましたが、コロナ禍によりリアルのセミナーの開催ができなくなり、オンラインでのWebセミナーをやろうということになったのです。

その時、安請け合いで私がやります!と言ってしまいました。

それからというもの、あの時あんな安請け合いしなければよかった…と後悔の念に苛まれ、うまくいくだろうか?と不安の念に駆られ、最近、心がざわつく毎日を送っています。

前後際断 ぜんごさいだん

この禅語、最近知ったのですが、メンターである枡野俊明さんの著書に記されていました。この禅語の意味はこういうことです。

人は、現在、過去、未来、という時間の流れの中で生きている。三つは連なっているようだが、じつはそれぞれが断ち切られている。現在という時間を考えよ。それは過去の「後」でなく、未来の「前」でもなく現在は過去とも未来とも切り離されていて、それ自体が絶対的な時間である。だから、絶対的な現在を一所懸命生きるしかない。それ以外はない。

禅の逸話としてよく語られることに、禅宗の開祖である達磨大師とその弟子の慧可の公案があります。

慧可が達磨大師にこう問いかけます。

「いくら修行を重ねても不安がなくなりません。この不安を取り除いてください。」

達磨大師はこう答えます。

「それでは、お前のその「不安」をここに持ってくるがいい。そうしたらすぐにでも不安を取り除いてやろう」

慧可は必至に心を見つめて不安を探しますが、どうしても見つかりません。そのことを達磨大師に告げると。達磨大師はこう答えます。

「ほら、不安は無くなったではないか。」

過去を悔んだとしても過去に戻ることはできないし、未来に不安を抱いたとしても未来なんてどうなるかわからない。

ただ今をしっかりと生きること。これしか方法は無いのです。

今は何をする時間でしょうか?

今はこのブログを書いている時間なので、ブログを書くことに集中する。

その後は寝る時間だから、ただ寝ることに集中する。

明日会社に出勤したらWebセミナーの企画をすることに集中する。うまくできるかどうかなんて誰にも分らない。ただ一所懸命にやるべきことをやるだけです。

「不安」なんて自分が作り出した「妄想」でしかありません。

今日も命があることに感謝し「今ここ」に生きる。

而今

私が一番大好きな禅語です。

コメント